THE CLUB AOYAMA  

2010.11.14 日.
am 11:27
THE CLUB AOYAMA,The CLUBについて

【マンハッタン】

ニューヨーク州マンハッタンの夕暮れを髣髴とさせるそのカクテル

師匠のそれを超えるべく、酒番の決意を固める10年前

超えたかどうか、今となってはわかりません

ただただ、それを目指した10年間

マンハッタン 旨い酒です

流れる曲はSTINGで

2010年11月19日金曜日午後8時 Brift H最後のTHE CLUBをマンハッタンで
THE CLUB 栗岩稔
晩秋の夜空に想うマンハッタン島(字余り)

2010.10.12 火.
pm 21:08
THE CLUB AOYAMA,The CLUBについて

【今、改めてMARTINIについて】

それは、
バーテンダーの技量によって千差万別のカクテル「マティーニ」
もともとは、イタリアの酒類販売会社MARTINI社が
「MARTINI」というベルモットを売り出すキャンペーンのために考案されたカクテル「GIN&IT」
“IT”とはイタリアン・ベルモットのそれを表し
自社のスイート・ベルモットとジンをあわせたモノ
それこそが、「GIN&IT」という少し甘めのアペリティフ

それが、
時の流れとともにMARTINI社のベルモットを使わなくなり
「GIN&IT」というカクテルが一人歩きをし始め
スイート・ベルモットがドライ・ベルモットに変わり
マティーニという名のカクテルの王様と呼ばれるようになり
ドライ・マティーニ、エクストラ・ドライなどなど、数々の逸話とともに好みが分かれ…

ジンとベルモットのみというシンプルさゆえのそのレシピ
それゆえの技量を競うコンペティション
バーテンダーは、それだけで技量を試され…

そんなことより、
作り手から飲む人へ伝える気持ちが一番です
おいしくて当たり前のモノを
よりおいしく飲んでいただくその心です

競う相手はバーテンダーではなく自分自身の向上心

飲む人それぞれに、それぞれのマティーニを
でも、うんちくを知っていても損はないかもしれませんね、酒場では
しゃべりすぎは危険です…

2010年10月22日金曜日午後8時 THE CLUB at Brift Hにてマティーニを
栗岩稔

コメントは受け付けていません。

2010.09.16 木.
am 06:15
THE CLUB AOYAMA,The CLUBについて

【バーボンソーダ】

誰でしたか、ハードボイルド小説の中であおったのは…

忘却の彼方のダンディズム…

久しぶりに作ります

オールドグランダッドのバーボンソーダ

美しい女性には、ミントの緑が美しいミントジュレップを

太陽と月 昼と夜 陰と陽 そして、男と女

酒場はいつになっても人生です

ぜひ足を運んでください

2010年9月24日金曜日午後8時 
THE CLUB at Brift H
暑さ鎮まる秋の夜長に茶色い酒
栗岩稔

コメントは受け付けていません。

2010.08.07 土.
am 11:54
THE CLUB AOYAMA,The CLUBについて

【ジンリッキーは男酒】

「ジンリッキー」

それは、幾度となく作り続けた酒

ジンと絞ったライムをソーダで満たす、そのお酒

ある夏の日の夕暮れ

ジンリッキーの旨さを教えた師匠と酌み交わす

作り手は、バーテンダーのあり方を教えた師匠

10年ぶりのその時間、感謝と哀愁の蝉時雨

ジンリッキーは男酒

2010年8月20日金曜日午後8時 THE CLUB at Brift H
ホンモノを継承するジンリッキーを皆様とともに

栗岩稔

2010.07.14 水.
pm 17:04
THE CLUB AOYAMA,The CLUBについて

【モスクワのロバ】

「モスクワのロバ」という名の酒

スミノフウオッカとライムジュースとジンジャービア

日本は代用、ジンジャーエール。

この「モスクワのロバ」は、ホンモノでしょうか…。

せめて、ジンジャーエールだけでもホンモノを!

初めて創られたモノ、初めて創った人、その時代に感謝。

上っ面なこの時代、すべてがホンモノであることを!

2010年7月23日金曜日午後8時 THE CLUB at Brift H www.brift-h.com

こんな時節はショウガない…。

栗岩稔

2010.06.10 木.
am 03:39
THE CLUB AOYAMA,The CLUBについて

【ジン & トニック】

日本一の職人たちが英国に挑戦する。

英国で飲んだジン&トニックの忘れられないあの旨さ

旨くて当たり前、最高でなければ一流にあらず

日本一から世界一へ、職人たちへの餞別に

その一杯で天職を見つけた男もいると聞く

たかがジン&トニック、されどジン&トニック

2010年6月18日金曜日午後8時 THE CLUB at Brift Hにて

注文は、Gin and tonic with limeで

栗岩稔

コメントは受け付けていません。

2010.04.29 木.
pm 22:31
THE CLUB AOYAMA,The CLUBについて

【モヒート】

若葉が目に焼きつく頃

赤いワインを白いワインに変える頃

茶色い酒が透明のものになる頃

発泡性の酒が旨くなる頃

炭酸に弾けるミントが恋しくなる頃

街の緑がきれいな頃に

近頃は、年中飲ませるモヒートを

今だからこその「モヒート」を

2010年5月21日金曜日午後8時 THE CLUB at Brift Hにて

眼に若葉、グラスにミント、初モヒート(字余り)

栗岩稔

2010.04.19 月.
pm 21:36
THE CLUB AOYAMA,The CLUBについて

【ラスティ・ネイル~錆びた釘~】

それは、スコッチウイスキーとドランブイのビルドアップ

英国王室秘伝の薬草酒「ドランブイ」

それを継承したスカイ島の一族とその歴史の舞台

ゲ―ル語で「満足できる酒」という意味をもつ「ドランブイ」

その意味に「心を満たす飲み物」とも

心を満たし、満足できる生き方、していますか?

2010年4月23日金曜日午後8時 THE CLUB at Brift Hにて

「古めかしい物」という俗語とも意味する「ラスティ・ネイル」を

THE CLUB 栗岩稔

コメントは受け付けていません。

2010.03.10 水.
pm 12:18
THE CLUB AOYAMA,The CLUBについて

【ミモザの花の咲く頃に】

春の陽射しが降り注ぐローマの下町のトラットリア

ミモザの花を挿した花瓶がひとつ

傍らの女性が美味しそうに口に運ぶオレンジジュース

手元のグラスではじけるプロセッコの泡

イタリアに別れを告げるその日

男性から女性にミモザの花束を贈るその日

街中にミモザの花があふれていました。

最近女性に花を贈りましたか?

2010年3月26日金曜日午後8時 THE CLUB at Brift H
遅れ馳せながら「ミモザ」の夜を
THE CLUB 栗岩稔

2010.02.07 日.
pm 21:46
THE CLUB AOYAMA,The CLUBについて

【スコッチ&ソーダ】

テレサ・ブライトが静かに唄う「Scotch & Soda」

この曲が良く似合う「スコッチ&ソーダ」

昭和の男たちが飲(や)った「ハイボール」

昨今の軟弱な「ハイボール」

それぞれの「ハイボール」

無論、それぞれの人の好みですが…。

旨い「ハイボール」が好きです、私は。

2010年2月19日金曜日午後8時 The CLUB at Brift Hにて
試してみてください「スコッチ&ソーダ」を

prev