【最期のマチーニ】

先生にはじめてお会いしたのは、もう十年以上前の鎌倉でした

先生は、いつもきちんとした身だしなみでした
身体にあった服、季節感あふれる服、手入れの整った服、磨き上げられた靴
頭の先からつめの先まで、それはそれは、男として見習わなければならない姿でした

先生は、旅のことを教えてくださいました
長い長い取材旅行から帰りたくなったスペインのこと
その理由が女性の容姿が日本人女性に似ているからだとか
それはそれは、男として見習わなければならない話でした

先生は、酒場のことを教えてくださいました
カウンターの中心に自然に座っている姿が今でも目に浮かびます
酒場での会話、振る舞い、飲み方まで、それはそれは、男として見習わなければならない姿でした

先生は、酒のことを教えてくださいました
ウイスキーは、バランタイン十七年を氷小さめの水割りで
カクテルは、マティーニをストレートアップで
それはそれは、男として見習わなければならないこだわりでした

先生は、満九十歳で人生の最期を迎えられました

そのほんの少し前、人生最期のマティーニを作らせていただきました

先生は、男の美学をたくさん教えてくださいました
身だしなみのこと、振る舞いのこと、酒のこと、旅のこと、そして女性のこと
もちろん、スペインにも行ってみました

ひとつひとつ、男として、実行しています

ある夏の日、先生を追悼する大切な夜に鎌倉で「マチーニ」を作らせていただきました
とても光栄でした

「稔君、マチーニ、ね」
先生は、いつもそうおっしゃっていました

初秋に改めてマチーニを想いながら
酒番 栗岩稔

コメントは受け付けていません。

この日記へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。