【現代の名工 上川宗照展】

江戸末期の名匠 初代平田禅乃丞の直系継承者である初代上川宗照を父に持ち

十一代続くその技を現代に継承する伝統工芸士 二代目上川宗照

氏の生み出す器を下記日程にてこの酒場に一同に介します。

お気に召した器で至福の一杯を体感してください。

素晴らしい器とともに、上質な時間を。

なお、展示期間中には下記日程に限り上川宗照氏本人が来場いたします。

本人と語らい、この時しか見ることの出来ない器を愛でる、その時間をお楽しみください。


期日:平成二十三年七月四日月曜日より十六日土曜日まで
場所:銀座一丁目(旧木挽町) bar sowhat
住所:東京都中央区銀座一丁目二十一番地七号(木挽町通り路地裏)
時間:午後三時より午前零時まで
上川宗照氏来場日程:
七月九日土曜日午後五時より七時まで
七月十五日金曜日午後七時より九時まで
以上

上川宗照氏プロフィール 
経済産業大臣指定伝統工芸品 東京銀器伝統工芸士や
東京マイスターなど多くの称号を持つ金工作家
現在では業界唯一の伝統工芸一家として活躍をし
新技を取り入れた金工作家としての高い評価を得ている
関連WEBサイト http://www.nisshin-kikinzoku.com/

コメントは受け付けていません。

この日記へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。