2011.06.08 水.
pm 17:47
BAR SO-WHAT,栗岩稔のこと,酒場にて

【Candyのマスター】

George Duke/After Hours
それは、夕暮れの酒場でよく流れるアルバム
オンからオフに切り替わる街の瞬間
夕暮れの街灯りが見えるソファで食前酒を飲む男と女
ディナーのあとのバーカウンターで葉巻を楽しむ男とその隣で静かに微笑む女性
そんな街のひとときを髣髴とさせる名盤

出会ったのは20年前のある日
会社の先輩に連れられて訪れたとあるバー
新宿甲州街道に程近いビル
すれ違うことが出来ないくらいに狭い階段を下った先に広がる大人の空間

目指す先は18席もある一直線の長いバーカウンター
「僕らのような若造はこっちの端だよ」と先輩がひと言
そこはマスターから一番遠い席
目の前には酒瓶とマスターのアシストをそつなくこなすスタッフ

大好きなビールをいただく
「うまい!」
すべてに手を抜いていない味の余韻を楽しみながら、遠くにマスターを眺める
時がたつに連れ、ひとり、またひとりと常連らしき男たちが現れ、決まった席に落ち着く
何も注文せずとも出てくる彼らの酒
彼らはさりげない会話を始め、どこかで見つけたおもしろいモノ自慢
まるで子供のように無邪気に、楽しげに、酒と音楽と会話を楽しむ

モラルの無い大人は大嫌い、軟弱な酒を飲む男は苦手
うるさく、しつこく、酔っ払うお客は帰すそのマスター
趣味はスキー、野球、写真、かつてはサックスプレーヤー、そして大の巨人ファン
勝敗に影響されるのはスポーツ紙を読む時間の長さとそのご機嫌
草野球チームのユニフォームは巨人のそれと瓜二つ
アルバイト面接に必ず聞く言葉「野球出来る?どこのファン?」

ほどよい緊張感で満ち溢れた店内はマスターのまったく無駄のない動きから生み出されるその酒と
壁一面のLP、CDから一曲ずつ選ばれ途切れることなく流されるジャズ、フュージョン、ソウル、R &B

感動した
ほぼ毎晩通い詰めた
東京の象徴だった
安心した
そして、身が引きしまった

開店間もない店内でその日の夕刊、スポーツ紙を鼻眼鏡で読む姿
新しく購入した音源の確認、その間合いを取るようにタバコを一服
ゆるやかに立ち上るロングピースの香り
BGMはGeorge Duke/After Hours

その姿にあこがれ、その時間帯に通った

またひとり目標とする男が現れた
それがまたしてもマスターという仕事
そのマスターから学んだこと
バーカウンターでの男の振る舞い、酒、タバコの吸い方、音楽、そして、女
勿論バーテンダーの仕事

何年も通い詰めた年、30歳を目前にした初夏の夕暮れ
その日、はじめてマスターの目の前の席に案内していただいた

特等席だった
緊張した
背筋がさらに伸びた
何かをひとつ越えられた
その日初めて、ボトルキープした

30歳の秋
そのバーカウンターの中で働くことになった

月日が流れた秋の日 ペナントレース終了後に巨人軍長島監督が第一線を退いた
そしてマスターも退いた

あれから20年
路地裏の酒場の外灯がともる頃 George Duke のピアノが響く

酒場で男を学んだ酒番 栗岩稔

コメントは受け付けていません。

この日記へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。